新型コロナウイルスの感染者が出た場合の対応等について

保護者の皆様

2020年3月12日  あげお学童クラブの会 理事長 萩原和也

新型コロナウイルスの感染者が出た場合の対応等について、上尾市と協議の上、下記の通りの対応とさせていただきます。ご理解・ご協力のほどお願いいたします。

 

●感染者が出た場合についての閉所等の対応について

1 入所児童及び入所児童の保護者が新型コロナウイルスの陽性者となった場合、当該クラブを陽性者が出た日から起算して2週間閉所といたします。
*1つの施設内に複数のクラブが含まれる場合も、すべてのクラブを閉所します。(下記2についても同様とします)。

2 放課後児童クラブの職員(正規職員及び非正規職員)及び職員と同居している者が陽性者となった場合、感染拡大防止のため、その日から起算して2週間閉所といたします。

3 感染拡大防止のため、ご家庭におかれましても次の事項についてひきつづきご協力をお願いいたします。
ア 手洗い、うがいの励行、マスク着用等をお願いいたします。
イ クラブに登所する前に検温を行い、その結果を「検温カ−ド」に記入をお願いします。
ウ 発熱・風邪症状をはじめ、体調の不良が少しでも見受けられる場合は、登所をとりやめることをお願いいたします。

 

●登所を自粛している児童の保育費(実費)の返金について

新型コロナウイルス流行により、学童保育所における感染リスクを考えて3月中の登所を自粛している世帯に対し、3月分の保育費(おやつ代等2,650円)の返金をいたします。

1 返金の対象の児童は以下の通りです
・3月3日(火)以降、学童保育所をまったく利用していない・登所していない児童(ただし3月2日の登所は対象外とします)。
・4月以降も引き続き学童保育所に在籍しているか、または、事前に3月末日での退所(継続辞退)が決まっている、もしくは現在6年生であって3月末日で卒所する児童。
・現在は登所を自粛しているが、3月中に学童保育所の利用を計画している場合は、返金できません。
・登所自粛として返金を受けたが、その後、学童保育所に登所した場合は、返金した保育費を再度、お支払いいただきます。

2 返金手続き・手順等については以下のとおりです
返金は3月中のみです。4月になってからの3月分保育費返金はできませんのでご注意ください。
①入所している学童保育所の正規職員に、「3月は登所しない」ことをお伝えください。
②学童クラブ事務局窓口にお越しください。「登所自粛届」に記入していただきます。
③窓口にて現金で返金します。その場で「領収書」に記入していただきます。

3 諸注意
・返金は事務局窓口のみです。口座振り込みによる返金は受け付けません。事務局は平日午前9時〜午後7時、土曜日は午前9時〜午後6時に開局しています。
・返金は保育費のみです。それ以外のお支払い済み費用の返金はありません。
・4月以降の対応は未定です。


以上

 

*ご不明な点などありましたら、学童クラブの会事務局(電話:048−771−6945)へお問い合わせください。

ご存じのように、新型コロナウイルス流行が急拡大しており、状況が刻々と変化しております。その都度、学童クラブ事務局と上尾市とで随時協議していきます。
なお、毎月の保護者負担金=14,000円の内訳は、保育費(おやつ代やおもちゃ等の費用)として2,650円、保育費を差し引いた残りの11,350円は職員を雇用するための給与等の人件費(約8割)、学童保育所の電気代・水道料金などの運営費(約2割)となります。このため、保育費分以外の金額を返金した場合、職員の給与減額や急な解雇、開所時間の短縮を余儀なくされ、学童保育所の運営が厳しくなる可能性もあります。以上の状況から今回は保育費のみの返金とさせていただきます。ご理解のほど、よろしくお願いいたします。